FC2ブログ

吾妻(あがつま)の由来 - 群馬の観光や名物と上毛かるた

吾妻(あがつま)の由来

『耶馬溪しのぐ吾妻峡』札画像『耶馬溪しのぐ吾妻峡』


吾妻渓谷は、東吾妻町と長野原町の境界付近に位置し、同地域は他に中之条町、嬬恋村、草津町、高山村の計4町2村で吾妻郡を成しています。
吾妻の地名の由来は『日本書記』の記述からで、走水の海(現在の浦賀水道)で海神の怒りを鎮めるために入水した妻・弟橘姫(オトタチバナヒメ)を偲んで日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が「吾嬬(妻)者耶(あづまはや⇒わが妻よ!)」と叫んだのが碓日坂(うすひさか、現在の鳥居峠と推定)だったことからとされています。
ところが同じヤマトタケルの伝説でも『古事記』では、該当場所が足柄峠とされ倭建命(ヤマトタケルノミコト)が東を向き「吾嬬者耶」と叫んだことから、足柄峠よりも東を「あづま」と呼ぶようになったとか。
まぁ、どちらが正しいのかは私なぞには分かりませんが、いずれにしても地名の由来としてはかなりロマンチックだと思います。嬬恋村の地名の由来もこの伝説から来ているそうで「吾妻よ」「嬬恋し」と重ねられて、よりロマンチックに感じられます。因みに「妻」も「嬬」もほぼ同じと考えていいようです。

「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」のイベントでも有名な「日本愛妻家協会」さんの趣意書が面白かったので、リンクを貼っておきます。是非ご覧下さい。
『日本愛妻家協会趣意書』


─ スポンサーリンク ─
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://jomokrtphoto.blog.fc2.com/tb.php/6-040f0335