FC2ブログ

自然史博物館で素敵な秋のひとときはいかが? - 群馬の観光や名物と上毛かるた

自然史博物館で素敵な秋のひとときはいかが?

『日本で最初の富岡製糸』札画像『日本で最初の富岡製糸』

久しぶりに富岡市の「群馬県立自然史博物館」について書いてみます。


【関連記事】
「県立自然史博物館-A地球の時代」(2013.12.12更新)
『アレが動きます - 富岡市「県立自然史博物館-A地球の時代」』

自然史博物館「B群馬の自然と環境」(2014.1.6更新)
『屋内なのに自然たっぷり-自然史博物館「B群馬の自然と環境」』

自然史博物館「Cダーウィンの部屋」(2014.3.2更新)
『ロボット博士がお出迎え-自然史博物館「Cダーウィンの部屋」』

自然史博物館「D自然界におけるヒト」(2014.6.10更新)
『人間とはなんぞや? - 自然史博物館「D自然界におけるヒト」』


今まで書いてきた4つの記事で常設展示の紹介は終了(あくまで “1年前の” 常設展示の様子ですけどね)していますが、その時の企画展示の写真が未使用のままなんです。


まぁ、平気で季節外れの写真を使い「タイムトラベラー・トカ太」と呼ばれる私でも(呼ばれてないって^_^;)、さすがに1年も前に終了している企画展示の紹介は出来ません。


でも実は、中庭がとても素敵だったので、季節が一致するのを待っていた写真を満を持して紹介させて頂きます(少しでも残った写真を消化しようという貧乏根性とも言います)。


2階の常設展示室から階段を下りるとアフリカゾウとキリンの骨格標本が登場。
2階常設展示室から1階に下りる階段前の標本


標本の向いには水槽がたくさん
企画展示室に向かう場所の水槽
すみません、この時ひとつも近づいて確認しませんでした。


ゾウとキリンが見ている先が・・・
企画展示室に向かう通路
企画展示室につながる通路です。
いや、この場所から展示がスタートしているのかな?


断腸の思いで企画展『あれもイネ科、これもイネ科、みんなイイネ!』の紹介を飛ばして、企画展示室から奥に見えている出口に話を進めます。
企画展示室から出口方向
出口に近づいたところ
左のテーブルに『クイズの答え ここをめくってね』なんてのが見えますが、残念ながら全く記憶にないです。きっと子ども向けにクイズで楽しく学ぶ企画があったのでしょうね。


外に出るとそこは円形の回廊です。
展示室を出て中庭を見たところ
ここで左に進むとエントランスホールに戻れるのですが、この時の私は中庭の秋の気配に誘われて・・・


一歩前へ
通路を外れて中庭に出たところ
ウソです、ごめんなさい。「なんかブログネタになりそう」程度の認識でした。


この位置で左を向いて何かを発見。
中庭に向かって左を向いたところ


もちろん近くに行ってみます。
白いテーブルが並んだ中庭中央部分


カフェ?
ガラス張りの部屋の中まで見えたところ
ピザでも出してくれそうな看板の正面に回ると・・・


別にイタリアは関係ないし店でもなく自由に使える休憩所の案内でした。
休憩所の看板


中に入ると洒落たイスとテーブル、自販機、トイレがあります。
休憩所内部


ここで中庭の方を見ると・・・
休憩所内から見た中庭
どうですか。素敵でしょう?
ここでコーヒーでも飲みながら入手したばかりのパンフレットをゆっくり眺めるなんてのも優雅ですよね。もし見落としが見つかってもスグに戻っ・・・いや、逆行は迷惑ですね。一旦エントランスに戻り、受付でチケットを見せて再入場できないか相談ですかね。


因みにコレは平日午後遅めのことなので、休日はもっと混雑していると思います。やっぱり何と言ってもネタ拾いは平日に限りますね。最近なかなか時間が取れないのが残念です。


この時の私は優雅な時を過ごすのが目的ではないので、すぐに外に出て・・・
休憩所を出て文化ホール方向を見たところ


休憩所から見えていた奥の方に移動。
奥から休憩所を見たところ


きっと落ち葉も通路から中庭へ、わざわざ掃いて整えられているんでしょう。
中庭の落ち葉にアップ
実はこれ、今からピッタリ1年前±3日以内の話なんです。何か大きな方針変更でもない限り今頃は同じ状態が見られると思います。


この辺りで回廊の左右を見て・・・
エントランス前の付近の回廊で左方向
エントランス前の付近の回廊で右方向
写っているドアのひとつを通って建物内に戻りました。


さすがにこれで手持ちの「自然史博物館ネタ」は終了・・・じゃ、ないんだなコレが(^_^;
エントランスホールでも紹介したい写真が残っているので、また何かタイミングを考えてみますね。


◆群馬県立自然史博物館
所在地:群馬県富岡市上黒岩1674-1
電話:0274-60-1200
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
『群馬県立自然史博物館ホームページ』



─ スポンサーリンク ─
コメント
非公開コメント

相変わらずの!(笑)

マメだか酔っ払い変態紳士かよくわからないトカちゃん!(笑)

早くコッチの世界へおいでよぉぉ〜

<(*ΦωΦ*)>クピピピピ・・・

2014-11-14 00:50 | from JoJo | URL | Edit

No title

この時期は、毎日毎日回廊は落ち葉のふきだまりになっていて
きっと係の人はうんざりしてるでしょうね
葉っぱを中庭に掃き出しながら、後ろを振り返るともう葉っぱが・・ってことをぐるぐる繰り返してる悲しい係のお話が浮かびます

2014-11-14 09:12 | from うにトラ | URL

No title

こんな場所で、ボ~っといつまでもボ~っとしていたい。

知らないだけで、いい場所ってたくさんあるかも!を再認識させていただきました。(^O^)

2014-11-14 10:55 | from miyazyy | URL | Edit

No title

とにかく群馬ってオカネモチ。
良いじゃありませんか、人気が下から2番目だって、美肌が最下位だって。
公園だって博物館だって資料館だって、こんなに素晴らしい物を持ってるんだもの。
おまけに世界遺産にぐんまちゃん。
私は好きですね、群馬県。

2014-11-14 20:45 | from 万見仙千代 | URL | Edit

JoJoさん

いや~、JoJoさんのような本物の変態紳士になるためには、まだまだ修行不足です(^_^;

昼間からアルコールを浴びて「トカ太のヘベレケ日記」を立ち上げることを目標に精進しますね(^o^)

2014-11-14 21:40 | from トカ太 | URL

うにトラさん

な~るほど、それで円形になっているんですね。
一周してくる頃にはまた葉っぱ。
延々とぐるぐる~って。
そこまで計算された設計、そしてそれを見抜くうにトラさん。
恐れ入りました(^^)

2014-11-14 21:40 | from トカ太 | URL

miyazyyさん

そうなんですよ!
私もブログを始める前は展示室を出た後、中庭は素通りだったんです。
それが「ブログ用に」って立ち入り禁止じゃない場所は出来るだけ見るようにした結果の新たな発見だったんです。
身近な所にまだまだ色々あるのかも知れないですよね(^^)

2014-11-14 21:41 | from トカ太 | URL

万見仙千代さん

群馬って潤ってるんですかね?それならば生活が苦しいので税金減らしてもらえないかなぁ~・・・。いや冗談です(いえいえ、生活が苦しいのは本当です^^;)。

他県の方にそこまで言って頂けるなんて、このコメントを県職の方に届けたいです。
・・・・・・ルートがありませんでした(^_^;

いつか関係者がこのコメントを見てくれることを祈りつつ、今は私から「ありがとうございます(v v)」。

2014-11-14 21:41 | from トカ太 | URL

トラックバック

https://jomokrtphoto.blog.fc2.com/tb.php/554-03571e31