FC2ブログ

元はこちらが本社だったそうです - 妙義神社「波己曽社殿」 - 群馬の観光や名物と上毛かるた

元はこちらが本社だったそうです - 妙義神社「波己曽社殿」

『紅葉に映える妙義山』札画像『紅葉に映える妙義山』

富岡市の妙義神社の続きを書いてみます。


と、その前に、あまりにも紹介の間隔が間延びしているので、妙義神社ホームページにあった境内案内図を元にして、いままでの内容を整理する図を書いてみました。
妙義神社「波己曽社」
【関連記事】
(1)長~い石段の中で一か所、特別な一段・富岡市「妙義神社」参道
(2)「昭和大修理」により甦った雄姿 - 富岡市「妙義神社」社殿
(3)行きとは別のコースでゆるゆると - 富岡市「妙義神社」北門側
(4)ゆるゆると下りを継続中です - 富岡市「妙義神社」北門から
まとめ上手な人なら余裕で1記事ですかね?(^_^;


さて、「本日ここから」で最初に目につくのは『弁天池』
妙義神社「波己曽社」
妙義神社「波己曽社」
ということはお祀りされているのは弁天様だと思いますが、ごめんなさい、確認出来ていません。


振り向くと警察による立て看板
妙義神社「波己曽社」
妙義山は毎年のように事故のニュースを耳にする山ですし、登山者カード・登山計画書の提出は必須なんでしょうね。


その横には放水銃
妙義神社「波己曽社」
本社横にあったのは銀色でしたが、こちらは渋い色の箱です。


その放水銃が向く先は『波己曽社(はこそしゃ)』
妙義神社「波己曽社」
妙義神社は古代には波己曽神社と呼ばれ、この社殿が旧本社だそうです。元々は現在の本社と同じ上部神域に建っていたものを昭和44年(1969)この場所に移築・復元したそうです。


少し移動
妙義神社「波己曽社」


失礼して内部へズーム
妙義神社「波己曽社」


さらに右へ移動
妙義神社「波己曽社」
明暦2年(1652)建立と伝わり、現在は群馬県の重要文化財に指定されています。


ここで振り向くと大きな燈籠
妙義神社「波己曽社」
拡大したら個人のお名前が確認できました。こんな立派な燈籠を奉納出来るなんてスゴイ人なんでしょうね。


奥に進んで振り返ってパチリ
妙義神社「波己曽社」


少し左に向けると先ほどの燈籠
妙義神社「波己曽社」
モビルスーツより小さく、アーマードトルーパーより大きいくらいでしょうか(そんな例え分かるかっ!-.-;)


社殿の後ろには『聖徳皇太子』(の旧字?)の石碑
妙義神社「波己曽社」
聖徳皇太子=聖徳太子(厩戸王子)でいいんでしょうか。「聖徳太子、スペース、妙義」で検索しても私に理解できる情報には辿り着けませんでした。


左に行くと句碑
妙義神社「波己曽社」
『南畦』
『雷光に 妙義走らす 嶺と嵓』
“嵓” という字は “嵒” の異体字だそうで、ここでは “いわ” という読みでいいのかな?というか “嵒” の字だって知りませんでした(^^;


句者略歴
妙義神社「波己曽社」
『河野 南畦(こうの なんけい)略歴』は読めましたが、あとはサッパリ。
前回紹介した『河野多希女略歴』に『昭和十八年十一月 河野南畦と結婚』とあったので、二人が夫婦というのは分かりますが、あとは申し訳ありません、ギブアップです。


その奥には『妙義神社再建事業記念碑』
妙義神社「波己曽社」
妙義神社「波己曽社」


宮司さんの『妙義神社再建を目指して』が、なかなか興味深いです。
妙義神社「波己曽社」
いつもよりかなり大きな画像を置いておきますので、よければクリックしてお読み下さい。


お隣の石碑は読みづらいですねぇ。
妙義神社「波己曽社」
妙義神社「波己曽社」
かろうじて読める “田沼萬次郎(万次郎)” の文字で検索すると、頭のイカれた人間に神官が切り殺されるという事件の情報に辿り着きましたが、詳しいことがさっぱり分からないので、これ以上言及するのはやめておきます。


この辺りで波己曽社殿を振り返るとこんな感じ
妙義神社「波己曽社」


少し位置をズラすと・・・
妙義神社「波己曽社」
いや~、秋ですねぇ~・・・って、ホントいつもいつもすみません(>.<)
でもまだ続きがあったりして。


「代表的な写真を並べてチャッチャと終わらせちゃうか」とも思うのですが、念のため確認すると色々出てきて(妙義神社に限らず)ちっとも紹介速度が上がりません。
この先このブログはどうしたものか・・・ま、何もアイデアが浮かばないので変わらないと思いますけどね(^o^;


◆妙義神社
所在地:富岡市妙義町妙義6
電話:0274-73-2119
公式ホームページ


─ スポンサーリンク ─
コメント
非公開コメント

No title

最初の地図
トカ太さんの
たどった跡。。( ̄ー ̄)
わかりやすい。。♪
てくてくてくてく音が聞こえるようですw

2014-04-23 08:02 | from ボン | URL

No title

「嵒」・・・こんな漢字があったんですね・・・と言うか、
私には山を上にする変換の仕方が分かりません。
妙義神社は見応えがありそうですね。

2014-04-23 08:44 | from apricot・a | URL

No title

先日ZIPで、「上毛かるた」の事取り上げてました。
群馬の方は、かるたの文字を覚えてるんですね?!
それだけ、地域の方に親しみのあるかるたなんですね。
「上毛かるた」を全国の人に紹介し続けてるトカ太さん、改めて、偉いなぁ~。(^-^)

2014-04-23 10:55 | from miyazyy | URL | Edit

No title

これだけ丁寧な解説と写真だと、もう妙義神社に行って来た気になりますよね。
夏に軽井沢に行く予定(お呼ばれされてる)ので、その帰りに草津に行くつもりだけど・・・。あれ、前にも言ったっけ?
もう群馬通だわ。

2014-04-23 15:30 | from マメちゃんママ | URL | Edit

No title

私,お寺や神社にお参りするときは
御朱印帳持参で,御朱印をいただくんですが,
トカ太さんは,御朱印はいただかないんですか?

2014-04-23 19:11 | from 次席家老 | URL | Edit

No title

こんばんは!

いいですねえ~
私こう見えて?寺社仏閣めぐり大好きです(^^)
上の地図で、トカ太さんがどう回られたか
よく分かって面白いですね!

2014-04-23 19:29 | from クラッチマン | URL

No title

綺麗な神社ですね~♪
広いなー。
何処をどんな風に歩いたかが判るのって良いですねっ♪
見てておもしろーいww

2014-04-23 20:49 | from yamineko♪ | URL | Edit

ボンさん

「てくてく」ではないのですが、最初から最後まで
♪あるこぉ~ あるこぉ~♪
って歌い続けました。
はい、もちろんウソです。

っていうか自分で書いてて「あるこぉ~」が「アルコール」に見えてしまいました(^^;

2014-04-23 21:10 | from トカ太 | URL

apricot・aさん

嵓の字は手書きパッドで出しました。
「岩で勘弁してくれ~(ToT)」って思いましたよ(^^;

実は紹介が済んだ場所も「こんな物が」って写真が残っていたりします。
高速使えば割と近いと思いますので、機会があったらぜひ(^o^)

2014-04-23 21:14 | from トカ太 | URL

miyazyyさん

「ブログで『上毛かるた』なんて書いたって、他県の人は知らねぇよ」というジレンマもあるんですけどね(^o^;

群馬で小学校時代を過ごすと「洗脳?」ってくらい上毛かるたを暗記しちゃいます。
郷土の勉強にはなると思うので永遠に続いてくれたらいいなぁと思ってます。

2014-04-23 21:14 | from トカ太 | URL

マメちゃんママさん

金沢からだと考えると草津と妙義は流れがイマイチからかも知れません。
なので、早く草津と草津周辺ネタを書きたいところなのですが・・・間に合わなかったらごめんなさい(ToT)

2014-04-23 21:15 | from トカ太 | URL

次席家老さん

そっか、御朱印もネタになりそうですね(そんな思考か、私^^;)
同じネタの2周目3周目用に活用を考えてみます(^o^)

2014-04-23 21:15 | from トカ太 | URL

クラッチマンさん

クラッチマンさんは寺社仏閣の宝庫、京都ですもんね。
いいなぁ~。
でも、ブログネタとしてのその辺はかのぼんさんご担当でしょうか(^o^)

2014-04-23 21:15 | from トカ太 | URL

yamineko♪さん

神社のホームページに案内図があったのでトレースしてみました。
元画像がなかったらムリだったかも。
yamineko♪さんみたいに絵心があれば、もっと多彩な紹介が出来るのかも知れませんが、私にはちょっと難しいかなぁ~(^_^;

2014-04-23 21:16 | from トカ太 | URL

トラックバック

https://jomokrtphoto.blog.fc2.com/tb.php/347-d816e76b