FC2ブログ

アレが動きます - 富岡市「県立自然史博物館-A地球の時代」 - 群馬の観光や名物と上毛かるた

アレが動きます - 富岡市「県立自然史博物館-A地球の時代」

『日本で最初の富岡製糸』札画像『日本で最初の富岡製糸』

世界遺産候補「富岡製糸場」から車で数分、同じ富岡市の「もみじ平総合公園」にある「群馬県立自然史博物館」を紹介します。
自然史博物館
コンパクトにまとめるのが下手な私ですので「見て来たもの全部は紹介しきれん」と開き直って今日はAコーナー『地球の時代』までにしてみます。


館内には様々なパンフレットが無料配布されているのですが、特にこの6枚
自然史博物館
各コーナー毎に置いてあるので、その場で手に取り注目展示品の位置が確認でき、裏には詳しい解説もあるという親切な作りです。手元の資料のナンバーを見ると1~6まで揃っていますが、7以降があったとしたら・・・見落としですね。
そして今これを見ていて「そんな展示もあったのか~」と、ちゃんと現地で見ちゃいないという、“いつもの通り”ですみません^_^;


さてさて、受付を済ませて常設展示室に進むとまずは幻想的な灯りの通路
自然史博物館
左には現代人から50億年前の原始生物までさかのぼれる模型が展示されています。


通路を抜けて明るい所に出ると、まず『A-1 水の惑星と生命の誕生』
自然史博物館


A-1に並んで『A-2 生命を育てた太古の海』
自然史博物館
ここには私でも知っている「三葉虫」の化石(本物?模型?)があったようなのですが・・・あ~あぁ、見落とし(^^;


突き当たって右に曲がると・・・
自然史博物館
解説員さんの向こうに大物が見えてきました。


が、その手前を右に入ると・・・
自然史博物館
『トリケラトプス・ボーンベッド』というアメリカのサウスダコタ州での発掘の様子を再現した(おそらく実物大の)模型が床下に広がります。
ボーンベッド(Bone bed)とはうまいこと言うなぁ、と思ったら骨の化石が集中した地層をそのように呼ぶそうですね。


初めて来た時は怖くて枠の上しか歩けませんでしたが、いくらか慣れてガラスの上を歩けるようになりました(^^;
自然史博物館


突き当りにはプレートの動きを見せてくれる大きな模型
自然史博物館


その位置で左を向くとトリケラトプスの全身骨格と・・・
自然史博物館
手前の一回り小さいのは、皮を剥がされて筋肉むき出しの模型でした。


この辺りで『A-3 恐竜の時代』に入っていて、お待ちかねの先ほどの大物。
「こいつ・・・
自然史博物館
 ・
 ・
動くぞ」
自然史博物館


『ガリミムス・ブラトゥス 動刻による復元』だそうです。
自然史博物館


右の方を見るともっと大物が動いています。
自然史博物館
自然史博物館
『ティランノサウルス 動刻復元』
“ティラノサウルス”ではなくて、間に“ン”が入るんですね。知らなかった。
二体とも「グワァ~」とか「ギャオ~」とか鳴き声もしていた気がします。


一旦下がってなるべく広い範囲が撮れないかなぁ、とやっていると・・・
自然史博物館
小学生の社会科見学に遭遇してしまいました。
それはともかく、首の長いのは入りきらないです。


順路を無視して二階からの写真
自然史博物館
やっぱり首が・・・。


中央の天井まで届いちゃってるのは『ブラキオサウルス・ブランカイ』
自然史博物館
『全身骨格が復元された種類の中では、最も背が高い恐竜』とのことです。


もう一つの二階通路に頭が届いちゃいそうなのは『マメンキサウルス・ホチュアネンシス』
自然史博物館
『首の長さが全長(22メートル)の約半分を占める恐竜で、首の骨(頸椎)は19個あります』とのこと。
左に写っている大きな足は『ウルトラサウロス』のものだそうです。


そして宇宙からの侵略者“グレイ”ではなくて『ディノサウロイド』
自然史博物館
『トゥルオドンが絶滅しないで、進化し続けたらどうなっていたか』だそうです。


『A-4 哺乳類の時代』で目立つこちらは『パレオパラドキシア』
自然史博物館


この模型は『吉井の海 [パレオパラドキシアのいた群馬] 』というタイトル。
自然史博物館
「わ~い、群馬にも海だ~(^o^)」 ・ ・ ・ (-_-;


展示は『A-5 人類の時代』に入ります。
中央の『コロンビアマンモス』の左は『ナウマンゾウ』。案外小さいんですね。
自然史博物館


そしてこのエリア最後は『ホラアナグマ』
自然史博物館
えっ?アナグマって言うと動物園で見かけるタヌキみたいなアレを思い出すんですが、これは後ろの人間のパネルより大きいです。まぁ、“穴”と“洞穴”じゃずいぶん違いますし、アナグマはイタチの仲間みたいですが、コチラはれっきとしたクマのようです。


博物館としては、この先にB、C、Dエリア、さらに企画展示室と続きますが、この『A 地球の時代』も相当はしょって(見落として?)紹介しました。一つ一つの解説を読み、当時の様子を想像してみる。そんな風に過ごしたらどれだけ時間が掛るか分かりませんが、本来こういう場所では時間なんて気にせず、じっくり優雅に楽しむものなんでしょうね。まぁ、私には当分縁のない楽しみ方だとは思いますが(^_^;


◆群馬県立自然史博物館
所在地:群馬県富岡市上黒岩1674-1
電話:0274-60-1200
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
ホームページ


─ スポンサーリンク ─
コメント
非公開コメント

No title

こんばんは♪
あ~こういうとこ大好き!!
地球の科学や時代など恐竜やらプレートやら
この恐竜が進化してたらこうだったっていうの
これ宇宙人だ~~~~~
宇宙人は地球外生命体ではなく、恐竜が地底で進化していった姿なのでは??と思ってしまう。
やっぱり群馬は海無し県だから海に憧れますよね~♪

2013-12-13 00:06 | from ∞WILD FLOWER∞ | URL

No title

自然史博物館!看板は、見るんですけど、素通りしちゃいますね。それにしても、トカ太さんは、いつも一眼レフ携帯して、博物館で、写真撮りまくるんですか?すごいですね!堂々とやると、職員も、唖然とするでしょう!一度見てみたいですね!

2013-12-13 04:20 | from おごっそうがでちゃた  | URL

No title

これが近所だったら、間違いなく行きます。
上野あたりで恐竜が来る時は、必ず行っています。

トカ太さん、いいなあ~!

2013-12-13 08:35 | from apricot・a | URL

No title

是非、見てみたいですが・・・やはり遠いかな・・・(笑)
って、楽しく読ませて頂きました。

それでは、また。

2013-12-13 17:07 | from 松野町観光宣伝隊 | URL

No title

こんばんは!

今、恐竜ものって流行ってるそうですね~
写真からでも迫力が伝わってきますよ。
それにしてもあの、進化し続けたら…の
あの二足歩行してるやつ、怖いです。。
もしかしたら、自分たちもあんなふうに
進化してた可能性もあるんですよね(><)

2013-12-13 19:39 | from クラッチマン | URL

自然史博物館

こんばんは。おじゃまします。
11月に、ここ行って来ました。
以前、トカ太さんに教えて頂き本当に面白かったです。
来春はもう1度ゆっくりしておにぎりなどを持ち、公園に遊びに行きたいと家族で考えています。
その節は有難うございました。

2013-12-13 19:59 | from kansei | URL

∞WILD FLOWER∞さん

マシンガントークで、もれなく感想頂きありがとうございます。
こういうコメント頂くと「なんで現地でもっと落ち着いて見てこないかなぁ」と反省しきりです。
いずれ再訪、再々訪していく中で充実させていきたいと思いますので、気長にお付き合い頂ければありがたいです(このブログが続けばですが^^;)

2013-12-13 21:48 | from トカ太 | URL

おごっそうがでちゃたさん

いえいえ、私コンパクトデジカメフルオートばかりです(^^;
あと、事前に撮影可否が分からなかった場合は現地受付で確認するようにしています。
行ってみたら「撮影禁止」だったために、文字中心の苦しい記事も時々書いているんですよ(^o^;

2013-12-13 21:49 | from トカ太 | URL

apricot・aさん

展示の内容を考えると入館料が割安(通常一般で500円)なので、とても気に入ってます(^o^)
ただ、私の生活圏からはちょっと距離があるのでそんなに足繁くは行けないって感じです。

apricot・aさんは機会があったら是非とも富岡製糸場と併せてのご訪問を検討してみて下さい(^o^)

2013-12-13 21:50 | from トカ太 | URL

松野町観光宣伝隊さん

ようこそいらっしゃいました(^o^)

さすがに愛媛からではちょっと遠いですよね(^^;
もし「群馬県まで行って松野町のPR」とかなんとかの機会があったら自然史博物館のことを思い出してお立ち寄りをご検討下さい(^o^)/

2013-12-13 21:53 | from トカ太 | URL

クラッチマンさん

ミュージアムショップにも面白そうなものがたくさん売っていたので、なるほど流行っているというのも納得です。

あの状態に進化していたら、美人さんや美男子と、そうじゃない人ってどうに違いが出たんですかね(^^;

2013-12-13 21:53 | from トカ太 | URL

kanseiさん

ようこそいらっしゃいました(^o^)

ご旅行に間に合わず、こんな時期の更新になってしまいすみませんでした。
来春の計画の参考にして頂けるよう、出来るだけ詳しく・・・あっ、いや、私自身いつも色々見落としがあるので・・・ごめんなさい、あまり期待しないで下さいね(^^;

2013-12-13 21:54 | from トカ太 | URL

トラックバック

https://jomokrtphoto.blog.fc2.com/tb.php/216-d3727bf5