FC2ブログ

頭文字Dオリジナルフレーム切手 再販で入手 - 群馬の観光や名物と上毛かるた

頭文字Dオリジナルフレーム切手 再販で入手

上毛かるた『登る榛名のキャンプ村』札画像『登る榛名のキャンプ村』

 気が付けば2019年のスタートから半月ほど経過。きちんと更新を続けているブログの管理者さん達が「1年間お世話になりました」とか「今年もよろしくお願いします」という “ご挨拶記事” を掲載する年末年始期間はとっくに過ぎ去ってしまいました。すっかりサボりグセがついてしまった私は、そういった礼儀を欠いたまま昨年秋頃に時間を巻き戻して、しれ~っと久しぶりの更新をしてみます(いやいや、そこは「遅くなりましたが本年も当ブログを……」とかなんとかじゃねーのかよ ̄□ ̄メ; ………はい、書かないんです、ごめんなさいね^_^;)。

 上毛三山(群馬県を代表する三名峰)のひとつ「榛名山(はるなさん)」をモデルとした「秋名山(あきなさん)」を主な舞台にしたカーアクション漫画「頭文字D」(イニシャルD、通称:イニD)のオリジナルフレーム切手の販売が2018年9月下旬頃から話題になっていました。新聞報道などと、私の感想を絡めながら経緯をザックリご紹介します。

  • 09/26 (新聞報道)「頭文字D」の切手を渋川市内の郵便局で販売
     「おっ、新たなブログネタ。でも発売当日に渋川市内に行くのは難しいかな~」
  • 10/01 郵便局の窓口にて販売開始
     「やっぱり今日は渋川市内の郵便局には行けないや。明日行ってみようっと」
  • 10/02朝 (ネット情報)あっという間に完売
     「マジかっ!?そんなに人気とは…。ブログネタをひとつ入手し損なった(>.<)」
  • 10/12 (新聞報道)ふるさと納税返礼品として追加販売
     「う~ん……ふるさと納税かぁ~、したことないしなぁ……」
  • 11/20 (新聞報道)再販決定
     「よしっ、26日は朝から郵便局に行けるように予定を組むぞ」
  • 11/23 伊香保グリーン牧場のイベントで限定販売
     「まぁ、そのイベントに参加できないのは想定内」
  • 11/26 渋川市内14局にて追加販売
     「はい、ゲットぉ~(≧o≦)/」

 ということで再販にてなんとか入手した「頭文字D ようこそ渋川市へ」フレーム切手。まずはビニールに入ったままで1枚。
「頭文字D ようこそ渋川市へ」フレーム切手 袋に入ったままの状態
こんな小規模な個人ブログですが、一応、念のため、偽造防止のマーキング(赤線)を入れておきます(以下同様に、ブサイクな赤線はそういうつもりで記入しています)。

 追加販売日の11月26日、ガッツリ気合いを入れて郵便局の開局時間前から待ち構えていたところ、少し早く開けて頂き、正規の開局時間(9:00)の数分前に購入したことがレシートに記録されていました。
「頭文字D ようこそ渋川市へ」フレーム切手 購入レシート
まぁ、群馬みたいな田舎の郵便局の話ですから、数分のズレなんて問題にならないとは思いますけど、せっかく気持ち良く売ってくれた職員さんに「規則違反」とかなんとか迷惑が掛かかると困るので、どの局であったかは伏せた画像にしました。
「それならこんなレシート画像載せなければいいじゃん!!」
はい、その通りなんですが、ブログネタとして画像の少ない話題なので無理やりネジ込んじゃいました。ごめんなさいね(^o^;

 さらに落ち着いて考えてみると、あっという間に完売した初回の窓口販売はたったの500枚だったのに対して、この時は4,000枚の追加販売。なにも無理して開局時間に待ち構える必要なんてなかったのかなぁ~、なんて思いも浮かびました。でも、またウカウカし過ぎて入手できなかったなんてオチになるよりはマシな判断だったと思うことにします。

 ということで、ビニールから出してナマの「頭文字D ようこそ渋川市へ」フレーム切手の画像をご紹介。
「頭文字D ようこそ渋川市へ」フレーム切手
下の方に62円切手が10枚。上部の大きな画像は実写の伊香保温泉石段街に「AE86トレノと藤原拓海」の絵が組み込まれています。

 その上半分だけの画像。
「頭文字D ようこそ渋川市へ」フレーム切手 上部
うん、サイズ感というんでしょうか、そこにAE86トレノがあるかのように縮尺はピッタリに見えます。

 あっ、今日の記事カテゴリ(上毛かるた関連札)は 【のぼる榛名のキャンプ村】 にしていますが、イニシャルD全般に関する話題ではなく、伊香保温泉の画像しか登場しないこの切手に限って考えると 【伊香保温泉日本の名湯】 を関連札にしても良かったのかも知れませんね。折しも『伊香保ペヤング祭り』が話題になっていますし、伊香保温泉の話題とした方が誰かの目に留まりやすくなり、アクセス数が稼げるかも……なんて下種な計算も浮かびましたが「榛名山をモデルとした秋名山」という点を重視して、当ブログでは「頭文字D」の話題は 【のぼる榛名のキャンプ村】 カテゴリに統一することにしています。

 そんな当ブログの方針を確認すべく、過去の「イニシャルD」関連記事を振り返ってみると……
最終話掲載の「週刊ヤングマガジン」を購入した記事
「頭文字D」最終話掲載の「週刊ヤングマガジン」表紙


「秋名山ダウンヒルコース」のモデルを紹介した記事
「秋名山ダウンヒルコース」モデルとなった県道33号線の地図

……あれあれ、二つしかない(*_*)

 一方、伊香保温泉石段街に関する記事を(掲載順序に関わらず、なるべく石段の下の方から上へ向かって)並べてみると……
伊香保温泉石段街「湯滝部分」伊香保温泉石段街のぼり始め(2013.11.4更新)
「ハワイ王国公使別邸」玄関付近「ハワイ王国公使別邸」(2014.2.25更新)
伊香保「ハワイ王国公使別邸」庭園画像「ハワイ王国公使別邸」外観(2014.5.25更新)
「ハワイ王国公使別邸ガイダンス施設」資料展示画像「ハワイ王国公使別邸ガイダンス施設」(2014.10.2更新)
伊香保関所「伊香保関所」(2014.1.23更新)
伊香保石段街「いさご屋」の黒猫「いさご屋」の黒猫(2013.10.12更新)
伊香保温泉石段街上部からの画像伊香保温泉石段街後半(2013.11.12更新)
「勝月堂」ショーケース画像温泉まんじゅう発祥の「勝月堂」(2013.11.26更新)
伊香保神社拝殿石段街最上部の伊香保神社(2013.12.26更新)
伊香保神社石灯籠伊香保神社のあれこれ(2014.7.15更新)
 ずいぶんダラダラ書いてますねぇ~。自分で書いた記事を“粗製乱造”とはいいたくないですが、ポイントを絞れていないのは事実です(>.<)

 でも、「コンパクトにまとめるのが苦手」という私の下手さ加減はさて置き、伊香保温泉石段街にはまだまだ紹介したいところがたくさんあるのも事実。今現在も「あぁ、あのポイントが紹介できていない、再訪して撮ってこなくちゃ」なんてことも考えています。さらには『伊香保ペヤング祭り』なんてものすごいイベントまで放り込まれて、とても私ごときにゃ消化しきれないような状態です。

 そんなブログネタ宝庫の伊香保温泉をとりあげた今回のフレーム切手は、日本郵便関東支社と渋川市が連携して作製したとのこと。実写画像が伊香保温泉石段街だけというのは、渋川市が「頭文字Dといえば伊香保温泉」というイメージを定着させ、イニDファンの観光誘致に繋げたいという思惑があるのでしょう。その流れに乗って当ブログでも「頭文字D」の話題は 【い】 の札に分類した方が良さそうな気が……。

 いや、やっぱり「秋名山のモデルは榛名山」という点にこだわって、「頭文字D」の話題は 【のぼる榛名のキャンプ村】 カテゴリに分類していくことにします(過去記事のカテゴリ変更なんて他の記事への影響とかあって面倒くさいもん、という本音は内緒です^_^;)。

 そして、榛名山観光の中心となる榛名富士や榛名湖は高崎市に属しているため「頭文字Dと榛名山(秋名山)」ではなく「頭文字Dと伊香保温泉」とせざるを得なかった渋川市の苦悩も分かる気がしま………な~んていうのは完全な “下種の勘繰り”。群馬県のアレコレをなんとか全国的に盛り上げようとしている皆さんの努力へ水を差すような話はやめて、今回購入した「頭文字D ようこそ渋川市へ」フレーム切手に話を戻します。

 フレーム下側の切手部分はこんな様子になっています。
「頭文字D ようこそ渋川市へ」フレーム切手 下部
この画像ではミシン目が見えず、切手として切り離して使えるのか分かりませんね。

 拡大して見てみましょう。
「頭文字D ようこそ渋川市へ」フレーム切手 ミシン目部分に注目(1)
はい、ちゃんと切り離して切手として使えるようになってます。

 でも……あれ?良く見ると切手の枠の内側、イラストの部分だけでも切り離せそうに見えます。
「頭文字D ようこそ渋川市へ」フレーム切手 ミシン目部分に注目(2)
これはいったいどういうことでしょうか。イニシャルDファンの方が、イラスト部分だけ切り抜いて保管するとか?それともこの手のフレーム切手は全部こういうつくりになってるんでしょうか。ごめんなさい、私の貧弱な想像力では答えが浮かびません。

 いや、想像力というよりも切手に対する私の知識不足でしょうか。切手の蒐集は「趣味の王道」とも言われるほどですし、コレクターの人たちに配慮した「日本郵便」の気配りとかですかね。

 こんな具合に切手に関して残念な認識の私ですが、ブログネタとして過去にもフレーム切手購入を話題にしたことがありました。
ぐんまちゃんフレーム切手、2種類
はい、ぐんまちゃんのフレーム切手2種類です。

 そこへ、今回の「頭文字D ようこそ渋川市へ」フレーム切手を合わせて、我が家にあるものを並べるとこんな様子になります。
我が家のフレーム切手、4種類
って、ご紹介していない切手が右端に写ってるし……。

 これは「国重要文化財指定記念 臨江閣」という見出しがつけられたものです。
臨江閣のフレーム切手
2018年8月に前橋市の臨江閣が国の重要文化財に指定されたことを記念して11月1日に発売となりました。

 実は発行枚数から考えると「頭文字D」よりも「臨江閣」の切手の方が遥かに希少性が高いようなんです。でも、まぁ、そのあたりの話は 【県都前橋生糸の市】 の札関連として臨江閣の過去記事なんかを絡めながら改めて紹介させて頂きますね。

 上にも書いたように切手蒐集のことを何も分かっちゃいない私ですが、これらの限定販売された切手はいつか価値が上がるんですよね?それは孫の代?孫の孫の代?それとも、もっと先の未来人の時代?
 その頃になって「何コレ?燃えるゴミでいいよね」なんて残念な結果にならないよう丁寧に保管して、「頑張って入手したんだよ~」ということを、子孫へ伝える方法を検討してみたいと思います(^_^)



─ スポンサーリンク ─
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019-01-17 13:49 | from - |

No title

頭文字DはWOWWOWの無料放送日に今だによく主人が見てますよ。
好きなんでしょうね~。

ところで上毛かるたって群馬県民1家に1つなんですか?
年末かお正月のTVで上毛かるたが出てきたんですよ。
群馬県民は「みんなやるんです」のようなことを話していたので、そうなのかなと素朴な疑問です。(^^ゞ

2019-01-17 14:45 | from miyazyy | URL | Edit

鍵コメさん

こちらの記憶状況にご配慮いただいたをメッセージをありがとうございました。
酔ってたのは確かですが一応内容は記憶していたものの、具体的に文章そのもの、一字一句まで覚えてはいなかったので見せて頂き助かりました(^^)

お知り合いの方は吉岡町在住だと教えて頂いた記憶があります。
ひとことで吉岡町といっても広いんですが、榛名山東麓で隣接する榛東村と共に農産物の生産が盛んな地域です。新鮮なモノを摂取して頑張ってもらいたいです。

2019-01-17 23:59 | from トカ太 | URL

miyazyyさん

群馬の家庭では、子どもが小学校にあがると「上毛かるた」を取り入れた授業があるため、鉛筆・ノート・消しゴムを買い揃えるのと同じように上毛かるたも購入するんです。

……というのは私が子供の時の話。今はどうなんでしょうねぇ~(^_^;

でもやっぱり、“郷土群馬”の地理・歴史・文化・産業などのとっかかりとして分かり易い資料だと思うので「上毛かるたを使ったかるた遊びで、郷土の知識を増やして欲しい」と思う親御さんは今でも多いと思います。

100%一家に一組「上毛かるた」とはいかないにしても、90%以上は上毛かるたを購入しているんじゃないかと思います。

2019-01-18 00:01 | from トカ太 | URL

こんばんは

今年もよろしくお願いいたします。

ぐんまちゃんの切手があるんですか!
これは欲しいかも。
私は決して蒐集家ではないのですが、美しかったり珍しかったりすることお、思わず買ってしまうんですよね。
そして、使う勇気が出なくて、たまってしまうんです。

上毛かるた
90%のお宅で持っているとは驚きです。
毎年発行されているというのも、驚きですけどね。

2019-01-18 21:55 | from 万見仙千代 | URL | Edit

No title

「頭文字D」は全く知りませんが、初回の窓口販売が500で
追加販売が4000という事は、失礼な言い方ですが「こんなに
売れるとは思わなかた~、追加しよ。」だったのでしょうか。
愛されていますね~。
私はぐんまちゃんの切手でしたら絶対に買います!

今年も楽しい群馬ネタをお待ちしていますね。
実は昨年、群馬に行く予定が諸事情でキャンセルになり主人ひとり
が温泉に行きました。今年は私も行きますよ~リベンジ!

2019-01-19 10:43 | from apricot・a | URL

No title

まだ群馬に馴染みの無かった頃、榛名山をヒーヒー言いながら登って;
湖畔に在る贔屓の店へ寄ると、ハチロク形のお菓子(おみやげ)が置いてあって、何で?と思ってました。
今でこそ分かりますが地元だったんですね~
※関連札は伊香保温泉~向けでも、登る榛名の~がコチラは馴染みました。

上毛かるた所縁の地を巡るのは、聖地巡礼とは言わないのですかね、、?
この前ようやく上毛三山最後の妙義山を登りました!
石門と中間道と言う緩いコースですが;絵柄の岩山を行けて満足モミジも綺麗でした*

2019-01-19 21:07 | from スレイプニル | URL | Edit

万見仙千代さん

こちらこそ、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

おっ、万見さんは狙ってのことではなく、自然に記念切手などを入手しているんですね。
どれくらいお持ちなんでしょう?
中にはかなりのお値段になるものもあったりして?一度相場をチェックしてみてはいかがですか。

近年の上毛かるたの需要については全く分からないのですが、私自身は「学校で」ではなく「家で」かるた遊びをしながら上毛かるたを暗記したと思いますし、友達たちもほとんどそうだった気がします。なので、大抵の家庭にあったと思うのですが、ごめんなさい、今現在どういう状況かは正直よく分かんないです(^_^;

小学生向けの「群馬の歴史・地理・文化・産業」の勉強として「上毛かるた」の授業があってもいい気がします。週に1枚ずつ、44週の授業ってちょうど1年分のカリキュラムとしてアリなんじゃないですかね(既にやってたりして?^_^;)。

2019-01-19 23:23 | from トカ太 | URL

apricot・aさん

apricot・aさんのおっしゃるとおり「コレって、もっと儲けられるんじゃね?」という雰囲気だったのだと思います。
いっそのこと限定販売をやめて通常商品にしたら……って、それだとコレクターさん達の購買意欲がなくなってしまうんですかね。
図柄を変えつつ、2019年新元号記念版、2020年オリンピック記念版とか出し続けたら……なんかブログネタにするのがめんどくさそうで私が嫌ですし、新元号もオリンピックも「頭文字D」とはなんの関係もないですね(^_^;

おっと、apricot・aさんは群馬旅キャンセルがあったのですか。その辺のいきさつをブログに書かれていたでしょうに、ぜんぜん訪問できておらず存じ上げずに申し訳ありませんでした。

コチラは更新が滞ったままで、タイムリーな情報をご提供するのは難しそうですが、apricot・aさんに「この写真の場所を自分の目で見たい!」と思って頂けるような内容を書けるよう頑張りたいもんです。

2019-01-19 23:23 | from トカ太 | URL

スレイプニルさん

湖畔の贔屓のお店は榛名ロッジですか?それとも全然違うお店?
当ブログで榛名ロッジ前のラッピング自販機について書いたことがありました。
https://jomokrtphoto.blog.fc2.com/blog-entry-770.html
実はこの訪問時、お土産物もしつこく写真に撮り、頭文字D関係のお菓子画像が残っているんです。
あっ、土産物だけじゃなく、その時の食事やら榛名湖やら、確認したら山ほど画像が残っていました。早く記事にしなくちゃ~(^_^;

おっ、上毛三山を制覇して頂いたんですね。
本当にありがとうございます。
私なんて、三山とも車で行ける範囲しか行ったことないですし、県外の方がそんなに頑張ってくれるなんて、有難いやら、自分の不甲斐なさが恥ずかしいやら……。

スレイプニルさんのブログに全然訪問できていないのも本当に申し訳ないです。
私の知らない群馬県情報の宝庫であるスレイプニルさんのブログ。勉強のためにも、またしっかりお邪魔するよう心がけますね。

2019-01-19 23:24 | from トカ太 | URL

トラックバック

https://jomokrtphoto.blog.fc2.com/tb.php/1045-51521737