登録有形文化財で鉄道ファンに人気 - 上毛電鉄「大胡駅」 - 群馬の観光や名物と上毛かるた

登録有形文化財で鉄道ファンに人気 - 上毛電鉄「大胡駅」

『繭と生糸は日本一』札画像『繭と生糸は日本一』

「上毛電気鉄道(じょうもうでんきてつどう)株式会社」の「大胡(おおご)駅」を紹介します。
正直な所、国の登録有形文化財うんぬんについては知りませんでした、ごめんなさい。
大胡駅に隣接する「大胡電車庫」が鉄道ファンに人気だということと、『ぐんま絹遺産』に上電(地元では「じょうでん」と略称で呼ばれます)が丸っと登録されているくらいしか知りませんでした。


そのぐんま絹遺産の『上毛電気鉄道(大胡駅舎ほか)』の説明文から引用すると『伊勢崎を経由しない上毛電気鉄道の営業開始により、両毛線と比べ所要時間が大幅に短縮されました』ということで、「マエバシ」ブランドの生糸を織物の街桐生に運搬し、製糸業の発展に貢献したそうです(路線開業は昭和3(1928)年)。


そう説明されたら当然路線が気になる、ということで地図を書いてみました。
上毛電鉄「大胡駅」
両毛線が伊勢崎を頂点にこんなに見事なV字とは知りませんでした。確かにこれでは遠回り・・・いや、伊勢崎にも銘仙があるので不要ということではなく、別の路線 “も” 必要になったというのが良く分かります。


現在の営業キロを見ると
上電(中央前橋 - 西桐生):25.4km
JR(前橋 - 桐生):29.0km
あれ?そんなに差がない(-.-;
もっと違いがあるように見えますが、私の地図の書き方が悪いんですかね。
ま、今日はあくまで大胡駅の話なので、その辺はいずれ機会があれば調べてみます(と、逃げ腰^^;)


さて、大胡駅です。
まずは国の登録有形文化財(平成19年7月31日登録)の駅舎
上毛電鉄「大胡駅」
昭和3年11月10日の開業時からの駅舎だそうです。


中に入ってみます。
上毛電鉄「大胡駅」
上毛電鉄「大胡駅」
もちろん内装の補修等は行っているのでしょうが、こじんまりとして歴史を感じさせてくれる作りです。


駅舎の北から西に向かって上り坂
上毛電鉄「大胡駅」


もちろん上ります。
上毛電鉄「大胡駅」


上りながら見る駅舎も風情があります。
上毛電鉄「大胡駅」
上毛電鉄「大胡駅」
上毛電鉄「大胡駅」
「おさかな電車ぁ~???」
上電ホームページのイベント情報を見ると『水族館電車』として紹介されています。
『海なし県の群馬に水族館電車登場!』
あははは、なんだかもう「海なし県」ってキャッチコピーみたいですね(^^;
もちろん本物の魚を乗せて走るわけではないようですが、かなり徹底したイメージの装飾で『水族館電車はオネスティーハウス㈱石田屋様の協賛です』とのことです。


坂の上でホームを一望
上毛電鉄「大胡駅」
上毛電鉄「大胡駅」


この辺でキョロキョロすると、何やらデコレーションがたくさん
上毛電鉄「大胡駅」
上毛電鉄「大胡駅」
上毛電鉄「大胡駅」
上毛電鉄「大胡駅」
上毛電鉄「大胡駅」
残念ながら私は見逃したのですが、昨年12月1日から2月28日までイルミネーションを行っていたそうです。来シーズンは見られるかなぁ~。


反対側に坂を下った場所には、やはり国の登録有形文化財の『大胡電車庫』(駅舎と同じ日の登録だったみたいです)
上毛電鉄「大胡駅」
よく分からない私でも、この木造の車庫はなんだかスゴイと思います。鉄道ファンにはたまらない場所なんでしょうね。


ウェルカム!な案内もありました。
上毛電鉄「大胡駅」
これだと「飛び込み歓迎!」って読めなくもないんですが、さすがに予約がいるんでしょうねぇ。


もう少し進んだ所にも整備中(?)の車輛がとまっていました。
上毛電鉄「大胡駅」
上毛電鉄「大胡駅」


もう一度坂を上って下って、駅舎を過ぎて、踏切を渡って・・・という経過を飛ばして線路の反対側に進むと、これまた国の登録有形文化財の『大胡変電所』
上毛電鉄「大胡駅」
登録有形文化財だなんて知らなかったので、この一枚しか撮りませんでした。(見るべきポイントも分かりませんが)次に行ったらもっと色々撮ってきたいと思います。


実は私、上電って乗ったことないんです。でも各種イベント列車の運行や、沿線周辺の観光スポットなど、少しは知識が増えたので機会をみつけて色々楽しんで来たいと思います。


◆上毛電気鉄道 大胡駅
所在地:群馬県前橋市茂木町41-2
電話:027-283-2002
上毛電気鉄道ホームページ

[群馬県世界遺産推進課 ぐんま絹遺産公式ページ]
上毛電気鉄道(大胡駅舎ほか)のページ


─ スポンサーリンク ─
コメント
非公開コメント

ホームの看板

電車庫、駅、どれも素晴らしいですね。
私はてっちゃんではありませんが、
この目で見てみたくなります。
改札口には木のあの四角切符を切る場所
あれがないといけませんよね。
私も鶴見の国道駅で見てきました。
「ひごし」「えぎ」どちらも初めて聞く
駅名です。やっぱり日本は広いです。
私のふるさとの「ちっぷべつ」「いちゃん」なども
知らない場所ですもね。
あの握手のロゴ、可愛いです。
おばんです、トカ太さん、またお邪魔します。

2014-03-19 23:00 | from kozoh55 | URL

No title

私もてっちゃんではありませんが、上毛電鉄・大胡駅は
なんだか興味そそられるものが一杯でキョロキョロして
しまいますね。イルミネーションの光がついたらかわいい
だろうなぁ。握手のイラストいいですね。ちゃんとしてて。
ロゴも統一されてて、全国どこもあんなロゴでしたっけ?
水族館電車?!益々興味ありますね。
それにしてもしっかりと見るとこ見てポイント押さえてますね。

2014-03-20 06:21 | from マメちゃんママ | URL | Edit

No title

車両の顔が、ほのぼのしててかわいいですねぇ
電車の顔・・つい擬人化して見てしまいます
自動改札機のない駅・・このままでいてほしいですね

2014-03-20 06:22 | from うにトラ | URL

No title

昭和3年とは古いですね、親も生まれていませんよ。
駅も趣きがありますが、車庫などは造形美すら感じ
ます。本当にいつまでも残してほしいですね。

2014-03-20 08:59 | from apricot・a | URL

No title

あまちゃんを思い出したのは私だけでしょうか?(^^;)

2014-03-20 14:59 | from 小堀英光 | URL

No title

水族館電車って面白そうだな~
でもなんで群馬県で
チョイスが水族館なんでしょうね?
どちらかというとグンマちゃんの
牧場電車とかのほうがありそうだけど(笑)
いや、いっそのこと 初音ミクが下仁田ねぎを
持って歌いまくるボカロ電車がいいかも!

有形文化財がたくさんある群馬は
それだけ歴史の重要さを理解して
はやい時期から保存に力を入れているのね。
さすがは総理が何人も出たお国柄です♪

2014-03-20 19:23 | from 園長 | URL | Edit

kozoh55さん

「ひごし」は「樋越」、「えぎ」は「江木」で、どちらも言ってみれば前橋市内の町名みたいなものなので、群馬県外の方は知らなくて当然かと思います。
そして、あの握手のロゴ・・・上電ではなく、下に名前のある「しののめ信用金庫」のロゴなんです(^^;

2014-03-20 21:54 | from トカ太 | URL

マメちゃんママさん

夜間のイルミネーションを見に行けなかったのは本当に失敗でした(>.<)
来シーズン、頑張ります(^o^)

2014-03-20 21:54 | from トカ太 | URL

うにトラさん

札幌の路面電車に少しは通じるものがありましたかね?
ウロウロしている間に到着した電車の写真もありますんで、そのうち紹介させて頂きますね。

2014-03-20 21:55 | from トカ太 | URL

apricot・aさん

あっ、そうか、昭和3年って80年以上前なんですね。
うちの親も生まれてないです。確かに凄い建物ですね。

今度は車庫に見学行ってきますね(^^)

2014-03-20 21:56 | from トカ太 | URL

小堀英光さん

全力で批難されるかも知れませんが「あまちゃん」って全く見なかったんです。
なので分からなくてゴメンナサイ(^_^;

2014-03-20 21:57 | from トカ太 | URL

園長さん

あぁ、なるほど!「牧場電車」いいですねぇ。でもやっぱり海なし県民としては「憧れの海」ってことで・・・ん?園長さんもお隣の海なし県でしたね(^o^;

「土地再開発」vs「文化財保護」で、文化財保護の方が勝ったなら誇らしいですが、再開発の必要がないくらい土地があるダケかも知れません(^^;

2014-03-20 21:57 | from トカ太 | URL

トラックバック

http://jomokrtphoto.blog.fc2.com/tb.php/313-822aad1b