時の記念日 - 伊勢崎市旧時報鐘楼 - 群馬の観光や名物と上毛かるた

時の記念日 - 伊勢崎市旧時報鐘楼

『銘仙織出す伊勢崎市』札画像『銘仙織出す伊勢崎市』

本日6月10日は天智天皇の水時計の故事に因んで、1920年に制定された“時の記念日”とのことなので、伊勢崎市の「旧時報鐘楼」を紹介します。
旧時報鐘楼
高さは14.56mで、群馬県内最古の鉄筋コンクリート建築とも言われており、なだらかな傾斜が非常に美しい建造物です。
旧時報鐘楼
戦時中の金属回収で釣鐘は失われてしまったそうですが、当時はどんな音色で市民に時を告げていたのでしょうか。

入ってみたいなぁ・・・
旧時報鐘楼
ダメなんでしょうね。

登ってみたいなぁ・・・
旧時報鐘楼
ダメなんでしょうね、やっぱり。

目と鼻の先には伊勢崎市立北小学校があります(というか、鐘楼は学校の敷地内?)。
旧時報鐘楼
そばには明治15年当時の学校の門柱も残されていました。
旧時報鐘楼

地図で見ると道を挟んで鐘楼の前は「伊勢崎織物会館」と記されていたので「おっ、銘仙に関する情報も入手か?」と思ったのですが・・・
伊勢崎織物会館
「織物会館」の文字は見当たらず、門を広げて突撃する勇気はありませんでした(^^;
また今度良く調べて行ってみたいと思います。

◆旧時報鐘楼
住所:群馬県伊勢崎市曲輪町28-23
─ スポンサーリンク ─
コメント
非公開コメント

こんにちは

今は当たり前のように時間が分かりますが
昔は鐘で時を知らせていたんですよね・・・
そう考えるとこの建物からもノスタルジックな雰囲気を感じます。

2013-06-11 17:28 | from もんてらす | URL

もんてらすさん

コメントありがとうございます。
古い時代に思いを馳せるのっていいですよね。
西日本の由緒ある神社は、もんてらすさんのブログで雰囲気を感じさせてもらいますね。

2013-06-11 21:54 | from トカ太 | URL

トラックバック

http://jomokrtphoto.blog.fc2.com/tb.php/30-013d61b4