ドラマ『お前はまだグンマを知らない』最終話 - 群馬の観光や名物と上毛かるた

ドラマ『お前はまだグンマを知らない』最終話

 『お前はまだグンマを知らない』の映画が7月22日から全国公開されること、その映画が4月20~23日に行われる「沖縄国際映画祭」で先行上映されることを告知して、ドラマ放映は終わったしまいました。

 関東限定の週明け月曜日深夜の30分枠で、たったの4回放送ってどうなんだろうと訝っていましたが、毎回テンポ良く凝縮された内容が小気味よかったです。ヘタにダラダラと「群馬トリビア」なんぞを流すより良かったんじゃないでしょうか。

 映画版の公開時に映画館に足を運べるか分かりませんが、大いに期待しつつ、とりあえず(ちょっと遅れてしまいましたが)ドラマ版を振り返ってみます。


【過去3話分】



■ついに判明した “キツネ” の正体

 もしかして、なのですが、録画したドラマを週末にゆっくり見ようという人もいるのかも知れませんよね。そう考えると、このドラマのハイライトともいうべき「キツネは誰?」というのは書いちゃダメなのでしょう。

 まぁ、話の流れとか、配役などから考えて「○○○に違いない」と、ほとんどの人が予想したとおりだとは思いますが……。

 でも、その “キツネの正体” が判明した後をどうやってまとめて終わらせるのかと思ったら、なかなかキレイに(ハチャメチャ要素もあったけど)決着していました。グンマだけに拘らず、トチギ人、イバラキ人も同じように地元を愛しているというのを、それぞれの印象的なカットで表現したのは素敵でしたね。

■グンマをdisる最高のセリフ回し

 キツネが誰であったかは置いといて、ある人の、あまりにも滑らかな口調でグンマを否定するセリフが最高だったので再現してみます。

『海も無いのにマグロ自慢するバカもいるし、歴代総理大臣の数自慢?ウンザリなんだよ!』
『都道府県別魅力度ランキング…グンマ45位。下から3番目だよ。46位トチギ、47位イバラキ、このドベ3県で何争ってんだよ。』
『力合わせる200万?ウソつけよっ!197万だろっ!なにサバよんでんだよ。あとの3万人はドコいったんだよ。』
『越してきて間もない時、道に迷ったらとりあえず山を見ろと教わった。何時代だよ。江戸かよっ!』
いや~、見事なツッコミ芸でした。役者さんの熱演ぶりもあって本気で大笑いさせて頂きました。

 特に『197万だろっ』の部分は、雰囲気は違えど、さんざんこのブログでも書いてきたことなので身につまされる思いを抱きつつ……ビール噴いて笑っちゃいました(≧o≦)

 『道に迷ったらとりあえず山を見ろ』の部分も、人に教えたり教わった経験はないものの、どの山がどう見えるかで自分のいる位置がだいたい把握できるというのが日常的なことなので大いに納得できました(高層ビル群がなく、赤城山や榛名山は平野部に密接しているという 群馬県の地形 ゆえの特徴なのでしょう)。

 おそらく原作マンガも同じように、群馬県に対する戸惑いなどを描いているのだと思います(ごめんなさい、まだ読んでないんです)。単なるあるあるネタや群馬をヨイショするだけじゃないのがヒットの理由かも知れませんね。

■設定上の時系列を確認

 最終話を見終わって、校内のいたる所に貼られた群馬の小ネタを列挙してみようかと思いましたが、ちょっとボリュームがあり過ぎるのでそれはまたの機会にしようと思います。

 代わりに、ドラマに描かれたのはいったいいつの話なのかを確認してみようと思います。

 正面側(教壇側)の黒板に、日付と曜日が書かれているのを何回か確認できました。それによると今年、2017年のカレンダーと一致しているようです。まぁ、そりゃそうでしょう……なのですが、念のため遡ってみると前回同じ曜日の並びだったのは2006年でした。

 11年前かぁ、微妙ですね。ドラマではスマホで動画を撮影するような場面もありましたけど、11年前の携帯電話事情がどんな様子だったか良く分からないので、それでは年数の特定が出来ません。

 でも大丈夫。もっと明確に時期を区切れるエピソードがあったんです。それは、第2話でトチギ人(※後日訂正:第2話に登場したのはイバラキ人の間違いでした)に主人公達が監禁された場面で登場した篠原涼子さんのポスター(ドラマの中ではチラシサイズ)です。

 桐生市が、同市観光大使の篠原さんをポスターに起用したのは2015年のことでした。全国への配布を公募したところ、定員の6倍もの申し込みが殺到したというのも話題になっていました。

 つまり、ドラマ “おまグン” の設定で、2006年はあり得ないということになります。結果、2017年が舞台であると確定できました。

 以上をふまえた上で、黒板に書かれた日付と曜日から各エピソードがいつのことか並べてみます。

  • 2017年2月6日(月):神月紀、グンマ県立アカギ高校に転入
  • 2017年2月7日(曜日未確認):イバラキ人襲来
  • 2017年2月21日(月)(な、えっ、月曜日?火曜じゃないの?時空のねじれ?):トチギ人とのいざこざ
  • 2017年2月22日(火)(ぐんまちゃんの誕生日、今年は水曜日だったんだけど…):キツネの正体判明
  • 2017年4月10日(月):埼玉県から転入生を受け入れ
ありゃ~、2月6日と4月10日が今年のカレンダーと一致していたので、それで間違いないと思ったのに、良く見たら途中の日付はちゃんと架空世界に飛び出していたようです。参りました。こんな風にブログとかで色々書かれることを見越して、わざとズラしたのかも知れませんね。

 勇み足で失敗した検証になってしまったので、校内にペタペタ貼られた群馬の雑学に関しては慎重に検証して書いてみようと思います。

■おそらく日直さんは群馬県の市町村名

 間違いないと確信して書き始めたのに、途中で曜日のズレがあったのにはヤラレました。でも、気を取り直して黒板に書かれた日付の下の『日直』のお名前をチェックしてみると、そこにも仕掛けがありそうです。第1話では、藤岡さんと吾妻さんが日直として名前が書かれていました。そう、群馬県の市町村名にある名前ですね。

 他に、群馬の市町村名で、わりと名字でも聞き覚えがあるのは、沼田さん、太田さん、板倉さん、高山さん、上野さん、富岡さん、安中さん……結構当てはまりますね(※後日追記:ギタリスト高崎晃さん、バイオリニスト前橋汀子さんのことを失念していました。ごめんなさい)。平成の大合併前ならば、中里さん、尾島さん、境さん、新田さん、なんてのもありですね。

 第1話の藤岡さんと吾妻さん以外に、他の日付でどんなお名前が日直として書かれていたか、じっくりチェックしてみようと思います。


─ スポンサーリンク ─
コメント
非公開コメント

No title

このドラマ結構面白いですね*1~2話見逃したのが悔やまれます(>_<"
でも最終話は、あまり見処なくサラッと終わって終った感が…
色々と出てきた3話の方が面白かったな~

最後の場面で朝礼の時、起立した後「注目」の号令で
転入生のサイタマ人だけ礼をしてたのが笑えましたw
って、えー?起立>礼>着席じゃナイの?注目って何(笑)

※黒板や張り紙に名言Tシャツみたいな事書かれてて
実際は無いでしょうが、リアルなら相当の郷土愛ですね。
中でも「アカギ」の文字をよく見る様な?
七輿もドライブイン[アカギ]に為ってたし…
赤城神社が多過ぎて辿り着けない人とかw
県民の赤城信仰が根強いのでしょうか?
気安く黒檜山に登って仕舞ったヤバヤバ(汗)

2017-03-31 00:03 | from スレイプニル | URL | Edit

スレイプニルさん

1~2話も録画してあるのでYoutubeにでもアップしましょうか?
って、それは思いっきり著作権侵害でダメですね(^_^;
第3話以上に群馬ネタが放り込まれていたので、再放送でもあればいいのですが。

「えー?起立>礼>着席じゃナイの?」
逆にグンマ人が他県に引っ越すと
「こらーっ、何故礼をしない!!」
って怒られちゃうのかも知れませんね。

「気安く黒檜山に登って仕舞ったヤバヤバ(汗)」
いえいえ、他県在住の方がわざわざ時間と労力をかけて登ってくれたんですから、赤城の神様もお喜びだったと思いますよ(^o^)
私なんてウン十年も群馬に住んでいるのに、どの山も頂上まで行ったことないですもん(^o^;

2017-03-31 21:56 | from トカ太 | URL

トラックバック

http://jomokrtphoto.blog.fc2.com/tb.php/1020-cec960fb